log

019年、ロレックスは新世代の「電撃針」を出すだろうか。

02 28 *2019 | 未分類

ロレックス第2世代Milgaissは1019です。第2世代Milgaiss 1019は、前世世紀の60年代初めに発売され、641の後継モデルとなった。第1世代641と比べて、第2世代の1019は外観上に大きな変化があった。1019は641上の回転表圏を抜き、磨光表を使用しています。1019では電撃針を使わず、秒針を通常のスタイルに戻した。1019の時の落札は条状の時に落札して、針も長条の棒状の時計、分針に変更します。1019盤のMilgaissは、赤に変更されました。1019は外観上と前回の641と明らかに区別して、全体的に1019より現在のMilgaissに偏ります。1019は、1960年代から1990年代まで生産されています(もう1988年)、このような長い時間の生産過程において、表盤での落札などの細部が微妙に変化しています(例えば、夜の光の位置が変化して、夜の光が夜の光になるなど)。
性能面では、1019として641の後継モデルとして、1019で1580自動上弦機軸(641が使用しているのは1066機のコア)を使用しており、1019は防磁気内の殻を使い続ける。
ロレックス第3世代Milgaissは116400で、現在販売されている「電撃針」で、その中に緑と青の面で使われる緑色のガラスが、通称「緑のガラス」である。
116400は2007年に出たので、第2世代1019で、中間間隔は20年早い。116400年出たばかりの頃は、オレンジ色の電撃針と緑のガラスがとても明るくて独特だったので、値段を高く炒めていました。数年後になると、徐々に正常な相場が回復した。116400は磨光表を使用しています。また、棒状の針と長条夜光を使用した場合、電撃針とディスク上のMilgaissアルファベットがオレンジ色になっています。116400は依然として防磁気内の殻を使用して、エンジンのコアは31XXシリーズの機軸(3102)までアップグレードします。116400に使用されたロレックス31XXシリーズの機軸は、ブルーニノの遊糸があるため、機軸そのものが磁気を防ぐ力を持っていて、磁気防磁気内の殻を加えて、実際の防磁気能力はすでに1000高を超えています。国外のプレイヤーはテストを行ったことがあり、現在116400の実際の防磁気能力は7000ハイズに達することができると推測する。

116400この表はみんなとてもよく知っていて、私は唯一重点的に提示したいのは、緑のガラスを買うには、鏡面を保護することに注意したいのですが、緑のガラスの鏡面の1つが表輪の1階に高いので、2は緑色のガラスのコストは普通の時計のガラスの高さよりも高いです。前に私は緑のガラスがあって、うっかりしてガラスの側面をたたいてしまって、口をたたいて、最後に考えてみました。
まず第1点、現在市販の116400緑のガラスは2007年に発売され、今年で12年になる。116400の発売時間はすでに長くなっており、時間的には更新の可能性があります。第二に、ロレックスの代替えの法則によって、新型の機軸の普及は、一般的には小人数表から始まる。現在、ロレックスの新世代32 XXは、DD、DJ、鬼王、海使、グリニッジで使用されていますが、一般的な人たちとして運動金のMilgaissとして、更新の可能性があります。第3、現在オメガを代表する豪華な時計は、すでに全面的に腕時計/機軸の超高の防磁気技術を普及させて、磁気の能力は15000の高いススに達して更に高くなって、すでに防磁気内の殻を使う必要はなくて、超高い防磁気の数値に達することができて、それにすでに非常に普及しています。ロレックスMilgaissは、プロの防磁気表として、現在116400の実防磁気数値が1000高を超えていますが、防磁気技術の進歩に直面して、Milgaissは更新を更新する可能性があります

17:13